NAMIKO

0819.2009

とうもろこしの冷製茶碗蒸し

2009_08030039.JPG  

  

  

  最近は一年中手に入る野菜も増えましたが、筍やそら豆、グリーンピースなど

  旬の時期にしか手に入らない食材もまだまだ沢山あります。

  とうもろこしもそんな食材のひとつです。

  

  蒸していただくだけで十分美味しいのですが、色々アレンジも楽しみたいです。

  そのようなわけで今週もとうもろこしのお話です。

  

  今回は、食欲の落ちる時期にも食べやすい冷製茶碗蒸しにしてみました。

  好きな和食屋さんで、『夏がはじまりましたよ』とメニューにあがります。

  冷製スープも美味しいのですが、たまには茶碗蒸しもいかがでしょう。

  出汁も調味料も使わないのに、この味わい。とうもろこしってすごい!

  

  

 

  

  

 
NAMIKO

0812.2009

とうもろこし

2009_08030069.JPG  

  

  米、小麦とともに世界3大穀物のひとつであるとうもろこし。

  ビタミンや食物繊維も豊富で栄養面でもなかなか優れています。

  とうもろこしのたんぱく質は、お肉に足りないアミノ酸が多いので

  お肉料理の付けあわせにも最適です。

  

  朝とれたてのとうもろこしが手に入ったので

  まずは、生のままで一口。

  取れたてのとうもろこしは、生でも十分にあまいのですね。

  

  蒸し器を使うのが一番美味しいのですが、

  手軽に調理する時は、とうもろこしの1/3程がかぶるくらいの湯を沸かした鍋に

  外側の皮を数枚取り除いたとうもろこしを入れて強めの中火で8分程ゆでます。

  

  皮つきのまま茹でることで、香りを逃がさずにふっくらと仕上がります。

  香り立つ湯気の香りもうれしい夏の香りです。